0968-24-7008
診療時間
平日:9:00~12:30 / 14:00~18:30
水・土:9:00~13:00
休診日
日曜、祝日

嚙みあわせ BITE

噛みあわせの悪さは全身の不調につながる可能性があります

嚙み合わせ

噛み合わせは、単に噛み切ったり、すり潰したりするときの能率だけではなく、会話時の発音やコミュニケーションを取るときの素晴らしい笑顔に欠かせません。また、体のバランスを補正したり、情緒を安定させたりする働きも重要です。治療に関してはできるだけ早期に最適な治療を施し、より重篤な不正咬合に至らしめないよう適宜治療の介入を行います。また睡眠時無呼吸症候群とも関連します。
ここで大事なのが「大人になってから治療すればいい」と考えないことです。大人になってからは幼い頃より不正の度合いが大きくなり、成長期に治療介入すれば不正の度合いが軽度となる例も多くあります。

こんなお悩みありませんか?

  • 見た目を気にする方
  • よく唇や舌を噛む方
  • 学校検診などで噛み合わせを指摘されたが治療方法などが分からない
  • 歯を削りたくない方

歯ぎしり・食いしばり

歯と歯を擦り合わせたり、噛み締めたりすることを歯ぎしりといいます。睡眠中に歯ぎしりを起こす人も多く、自覚症状がほとんどありません。歯ぎしりは歯を擦り減らす原因になるほか、歯周病や顎関節症の原因にもなります。特有の音が周囲の人々に不快感を与えることもあるため、自覚したり、指摘されたりした場合は早期治療をおすすめします。

顎関節の痛み

口を大きく開けたときに痛んだり、顎の動きに合わせてポキポキ・カクカクという音がしたりする場合、顎関節症を患っているかもしれません。顎関節症の原因は、口腔内のバランスの乱れからストレスまでさまざまです。重症化すると飲食が困難になったり、頭痛・肩こりの原因になったりするため、早めの治療をおすすめします。

噛み合わせ調節のための
矯正歯科

当院は矯正歯科も兼ねているため、歯列矯正もご利用いただけます。歯列矯正により歯並びを改善するメリットは、何といっても見た目のコンプレックスを解消しやすいことでしょう。歯列矯正を行った結果「自信を持って笑えるようになった」「人前で話す際に苦痛を感じなくなった」と話す方は多くいます。また、噛み合わせを改善できることや、歯磨きがしやすくなることも歯列矯正を行うメリットです。噛み合わせを改善できれば食べ物をしっかり噛み砕けますから、胃腸への負担が減り、栄養も吸収しやすくなるでしょう。重なり合う歯が減ることで歯ブラシも届きやすくなり、虫歯・歯周病のリスクも下がります。
当院では成人矯正のほか小児矯正にも対応可能です。幅広い症例を治療できる表側矯正から、目立ちにくく金属アレルギーのリスクもないマウスピース矯正まで、患者様の希望に合った治療プランをご提案できます。

矯正歯科
ページトップへ