0968-24-7008
診療時間
平日:9:00~12:30 / 14:00~18:30
水・土:9:00~13:00
休診日
日曜、祝日

予防歯科 PREVENTIVE

虫歯や歯周病を予防しましょう

予防歯科

虫歯や歯周病の予防には歯磨きが効果的ですが、それだけでは取り切れない汚れもあります。汚れに気付かずに放置すると、いつの間にか虫歯・歯周病が進行し、削る・抜歯するといった治療が必要になるケースは珍しくありません。
虫歯・歯周病予防に最も効果的なのは予防歯科(定期検診)を行うことです。定期検診では専門的なクリーニングや徹底的な口腔内のチェックを受けられます。虫歯や歯周病が見つかったとしても、初期段階で治療できるため、重症化するリスクがほぼありません。

予防の重要性

日本において歯科医院は「歯が痛くなったときに通うもの」と認識されることが多い一方、欧米では「虫歯や歯周病予防のために通うもの」との認識する人が大半です。その結果、残念なことに日本人は欧米の人々と比べて永久歯を失いやすく、入れ歯に依存する人が多い傾向にあります。
日本の治療技術は高く、天然歯とほとんど変わらない素材を使った詰め物・被せ物・インプラントなどの治療を全国どこでも受けることが可能です。しかし、いずれも天然歯には敵いませんし、治療費も大きな負担としてのしかかります。当院では患者様との二人三脚で予防歯科を進めておりますので、1本でも多くの歯が残っている今から予防に取り組み、健康な歯を生涯にわたって守りましょう。

Point.01虫歯・歯周病の予防
定期検診では、徹底的な口内のチェックを受けられます。自分では気付けないほど軽度な虫歯・歯周病だとしても、歯科医は見逃しません。初期段階で治療することにより、歯への負担が少ない治療で完治させられ、結果として治療費も抑えられます。
Point.02健康寿命の維持
歯の健康を守ることは健康寿命を延ばすことにもつながります。歯が抜けて咀嚼しにくくなると食事の楽しみが減り、人前で口を開きにくくもなるでしょう。予防歯科によりこのような問題を防ぎ、生きる楽しみを持ち続けやすくなります。
Point.03治療コストを抑える
虫歯や歯周病が悪化してから治療をはじめると、入れ歯やインプラントのように大掛かりな治療が必要になるほか、治療期間も長くなります。予防歯科にもお金がかかりますが、重症化後に治療をはじめるケースと比べると、結果的に安価に収まる可能性が高いです。

当院の予防歯科

  • フッ素塗布

    フッ素は歯質を強化し、再石灰化作用を促します。また細菌の繁殖を抑制する効果も期待できます。定期的にフッ素を歯の表面に塗れば、効果的に乳歯や永久歯の虫歯・歯周病予防が行えます。

  • ブラッシング指導

    当院では、実際に患者様のブラッシング方法を拝見し、磨き方の癖などを指摘します。そのうえでアドバイスを行い、正しい歯ブラシの使い方をサポートするのが特徴です。日々のセルフケアの精度が高まれば、それだけお口の健康を維持する効果が期待できます。

  • PMTC

    歯科医師や歯科衛生士が専用機器を用いて歯のクリーニングを行う予防メニューです。どんなにブラッシングを頑張っている方でも、磨き残しは起こります。特に歯と歯の間、歯と歯ぐきの溝などの歯垢は磨きにくい箇所です。PMTCならば、細かな歯垢の汚れも除去。また歯を研磨することで、歯垢の付着しにくいキレイな歯を目指せます。

  • スケーリング・
    ルートプレーニング

    虫歯や歯周病のリスクが高い場合は、スケーリングを行っていきます。スケーリングはスケーラーと呼ばれる専用の器具を用いて、歯根の表面に沈着している歯垢や歯石を取り除く処置です。スケーリングを続ければ、お口の中の細菌数が減少し、歯周組織の炎症を改善する効果が期待できます。

「見えにくい」からこそ、
予防が大切

小中学校では校内で定期的な歯科検診が行われるため、重症化する前に虫歯や歯周病に気付けます。しかし、社会人の方は健康診断などでも歯科検診を受ける機会が基本的にはなく、虫歯や歯周病を見逃してしまいがちです。
痛みや違和感、見た目の変化などがなくても、その裏で虫歯や歯周病が進行するケースは珍しくありません。痛みが出るころにはすでに虫歯・歯周病が奥深くまで進行しています。そうなる前に検診を受け、素早く異常を見つけることが何よりも重要です。

ページトップへ